TOP > 値上げで困る人は誰?
Google
 ← 松坂がんばれ! | TOP | 本当に景気は回復していたのか?

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


値上げで困る人は誰? 

2007年04月06日 ()
ベリサイン、「.com」および「.net」ドメイン登録料値上げへ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070406-00000004-cnet-sci

値上げと聞いても余り気に触らないような話題だが、.comは余り余ってないような気がする。

4月6日12時0分配信 CNET Japan


 VeriSign(本社:カリフォルニア州マウンテンビュー)は米国時間4月5日、「.com」および「.net」のインターネットドメイン登録料を引き上げることを明らかにした。

 VeriSignは声明を出し、10月15日から登録料を「.com」ドメインは6.42ドル、「.net」ドメインは3.85ドルにすると述べた。料金はGoDaddyやTuCowsなどのドメインレジストラに請求される。だいたいの場合は、これらのドメインレジストラが顧客のドメイン登録を代行している。

 新料金は、現在6ドルの「.com」ドメインでは7%、現在3.50ドルの「.net」ドメインでは10%の値上げになる。

 VeriSignは、「『.com』および『.net』の登録料値上げは、ICANNによる1999年の料金体系確立以来今回が初めてだ」と述べている。ICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)は、ドメイン名とアドレスの登録を規定している。

 VeriSignの措置は常に議論を伴う。VeriSignは、両ドメインのマスターデータベースをコントロールしているため、「.com」と「.net」の登録作業を独占している。また、ドメイン名登録料については米国議会でも議論された。

 インターネットのトラフィックやDNSへの問い合わせが1999年以降大幅に増加しており、値上げには正当な理由があると、VeriSignは主張する。さらに、激しさを増す巧妙なサイバー攻撃から「.com」と「.net」のインフラを守るための投資も必要になっているという。


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.04.06(Fri) 21:54] 国内Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 松坂がんばれ! | TOP | 本当に景気は回復していたのか?

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://yahoonewsmas.blog90.fc2.com/tb.php/17-f1f4738f
 ← 松坂がんばれ! | TOP | 本当に景気は回復していたのか?

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。