TOP > もっと機密管理の徹底を
Google
 ← 気持ちはよく分かります。 | TOP | さすが民間刑務所

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


もっと機密管理の徹底を 

2007年05月02日 ()
<日米安保協議>軍事情報保護で協定 MD強化に対応
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070502-00000009-mai-pol

本当に日本の機密管理体制は甘いから、ここらで一発引き締めないと、本当にまずい事になるよ。


5月2日2時16分配信 毎日新聞


 【ワシントン中田卓二】日米両政府は1日昼(日本時間2日未明)、外務・防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)を米国務省で開き、軍事秘密保護に向け「軍事情報に関する一般保全協定」(GSOMIA)の締結に実質合意する。ミサイル防衛(MD)などで日米の連携が強化されるのを受け、秘密情報の共有を円滑に行うための措置。MD運用情報の共有を進めるため、包括的な「ロードマップ」を策定することでも合意する。
 合意事項を文書にまとめ、会談後に「共同発表」として公表する。
 日本は日米相互防衛援助協定に基づき、米国から提供された武器技術について秘密保全事項を定めてきた。しかし、MDシステムの共同開発などで連携を強化していくには、あらゆる軍事分野で漏えいを禁じる協定の締結が必要と判断した。
 共同発表は、MDの運用をめぐり、当初2010年度末としていた地上配備型迎撃ミサイル「PAC3」の全面配備について、10年初頭に早めることに「見通しが得られた」と記す。
 在日米軍再編に関しては、昨年5月の日米合意の着実な実施を確認するとともに、14年までに普天間飛行場の代替施設を完成させることが、在沖縄海兵隊のグアム移転など沖縄における再編全体の「成功の鍵」だと再確認する。
 また、昨年の北朝鮮のミサイル発射、核実験を踏まえ、米国の軍事力が抑止の中核を形成するとしたうえで、日本の防衛に対する米国のコミットメント(関与)を再確認する。このほか、(1)6カ国協議を通じた朝鮮半島非核化の達成(2)中国が軍事分野の透明性を高めるよう促す(3)民主的なイラク建設への貢献――などを盛り込む。
 【ことば】軍事情報に関する一般保全協定(GSOMIA) 米国と他国が軍事秘密情報を共有した際、その情報の第三国への漏えいを防止をするための包括的な枠組み。対象は共有する装備技術から、訓練、作戦など戦術・戦略情報まで幅広い分野に及び、文書、口頭、メモなどあらゆる形態の情報が含まれる。米国はすでに英仏など約60カ国と締結。締約国は米国と同様の秘密保全措置を義務づけられている。
 ■日米安全保障協議委員会(2プラス2)共同発表の要旨は次の通り。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.05.02(Wed) 09:07] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 気持ちはよく分かります。 | TOP | さすが民間刑務所

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://yahoonewsmas.blog90.fc2.com/tb.php/244-bb800b83
 ← 気持ちはよく分かります。 | TOP | さすが民間刑務所

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。