TOP > やっぱり凄い日本の馬
Google
 ← 全ての犯人を捕まえるのは無理? | TOP | 大切な運転マナー

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


やっぱり凄い日本の馬 

2007年05月20日 ()
シンガポール航空国際C、日本馬ワンツー!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070520-00000016-kiba-horse

日本の馬ってやっぱり凄いんだね。こういう話を聞くとなんだか胸があつくなります。

5月20日22時27分配信 netkeiba.com


 現地時間20日、星・クランジ競馬場で行われたシンガポール航空国際C(3歳上、星G1・芝2000m)は、田中勝春騎手騎乗のシャドウゲイト(牡5、美浦・加藤征弘厩舎)が、4番手追走から直線で抜け出し、先行策から連覇を狙ったコスモバルクを抑えて優勝。日本馬2頭でワンツーフィニッシュを飾った。3着はドクターディーノ Doctor Dino。

 勝ったシャドウゲイトは父ホワイトマズル、母ファビラスターン(その父サンデーサイレンス)という血統。祖母カッティングエッジは89年クイーンC(GIII)、88年3歳牝馬S・東(GIII)の勝ち馬。

 3歳時は05年プリンシパルS(OP)2着から日本ダービー(GI)に出走し(16着)、続くグリーンチャンネルC(500万下)を勝って菊花賞(GI)にも出走(15着)。4歳夏から力を付け、昨年7月の大森浜特別(500万下)で3勝目を勝利を挙げると、12月の香取特別(1000万下)を7馬身差で圧勝。今年1月の中山金杯(GIII)も同じく7馬身差で圧勝して重賞初制覇を飾った。前走は産経大阪杯(GII)でメイショウサムソンから1/2馬身差の2着に入っていた。通算成績19戦6勝(うち海外1戦1勝、重賞2勝)。

 なお、日本馬による海外G1ワンツーは、02年クイーンエリザベス2世C(香G1、1着エイシンプレストン、2着アグネスデジタル)、06年メルボルンC(豪G1、1着デルタブルース、2着ポップロック)に続く3度目となる。

 鞍上の田中勝春騎手、管理する加藤征弘調教師ともに海外重賞初制覇。加藤征弘調教師は国内・海外通じてG1初制覇となった。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.05.20(Sun) 22:59] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 全ての犯人を捕まえるのは無理? | TOP | 大切な運転マナー

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://yahoonewsmas.blog90.fc2.com/tb.php/399-347a28dd
 ← 全ての犯人を捕まえるのは無理? | TOP | 大切な運転マナー

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。