TOP > あのアナスイが?!
Google
 ← 生物はいないのかなー? | TOP | 日本も連鎖反応するかな?

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


あのアナスイが?! 

2007年05月22日 ()
「アナスイ」、若い女性にも 伊勢丹と新ブランド 輸入品の半値程度
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070522-00000003-fsi-bus_all

これは若い人には嬉しいですね。あの憧れのアナスイがこんなに安く変えるなんて嬉しいですね。

5月22日8時33分配信 フジサンケイ ビジネスアイ



ミニワンピースやブラウスなどを中心に展開する新ブランド「ドーリーガール・バイ・アナスイ」

 伊勢丹は21日、ニューヨークのデザイナーでアパレルブランド「アナスイ」で有名なアナ・スイさんと、新ブランド「ドーリーガール・バイ・アナスイ」を立ち上げ、今秋から発売すると発表した。18歳から25歳の若い女性をターゲットに、3年後に30億円の売上高を目指す。

 伊勢丹は、1996年にアナ・スイさんが最高経営責任者を務めるアナスイ社と、日本での独占流通とライセンス契約を結び、インポート(輸入)商品を販売してきた。

 「アナスイ」ブランドの認知度が高まり人気も上昇しているものの、価格が比較的高いインポートは、若い世代の購入が思ったよりも進まなかった。このため、価格帯を引き下げた商品が必要として、アナスイ社と新ブランドを立ち上げることにした。

 「ドーリーガール・バイ・アナスイ」は、オンワード樫山とライセンス契約を結び、事業化を図る。「アナスイ」ブランドの感性を生かし、リンゴやハートをモチーフにしたオリジナルプリント柄などを多用する。「ドーリー・ピンク」と呼ばれるピンクのほか、パープル、オレンジなどのインパクトのある色を活用するという。

 中心価格帯はドレスが2万3000円、ブラウスが1万2000円でインポート商品の半分程度に抑えるという。

 同日、都内で開催された製品発表会にあわせ、来日したアナ・スイさんは「日本の若い女性はアナスイに愛着を持っている。ティーンエージャー向けシリーズは私の夢で、それが実現する」と笑顔で話した。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.05.22(Tue) 15:24] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 生物はいないのかなー? | TOP | 日本も連鎖反応するかな?

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://yahoonewsmas.blog90.fc2.com/tb.php/451-19aa1745
 ← 生物はいないのかなー? | TOP | 日本も連鎖反応するかな?

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。