TOP > テレビで放映されたからだね
Google
 ← たまには苦しい思いも | TOP | そんなに需要があるんだ!

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


テレビで放映されたからだね 

2007年04月11日 ()
ミニ姫路城:伊勢の井村さん宅、大にぎわい 日曜に400人、戸惑いも /三重
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070411-00000034-mailo-l24

やっぱりテレビの威力は凄い。あれだけ宣伝してもらったんだから、入場料を取って銭儲けをすればいいと思う。



月11日11時1分配信 毎日新聞


 伊勢市円座町、元会社員、井村裕保さん(69)が19年の歳月をかけて自宅庭に造った「ミニ姫路城」が、多くの見物人でにぎわっている。日曜日ともなれば400人を超す混雑ぶりで、井村さん夫婦は家を留守にすることもできず、ちょっぴりグロッキー気味だ。
 ミニ姫路城は、井村さんが中学の時の夢をかなえるため89年、自宅の新築用に約530平方メートルの敷地を購入したのを機に建設に着手。約160平方メートルの庭にコンクリートで土台を築き、自ら作成した23分の1の設計図に基づいて石板などを使って完成させた。
 見物人が急に増えたのは、完成を記念して6日夜に催した「うたと踊りの夕べ」の翌日から。井村さんの友人ら80人が同城の前で尺八やギターなどの演奏をして完成を祝う様子が新聞やテレビで放送され、ミニ姫路城の存在を知った人たちがひっきりなしに訪れるようになった。
 井村さんによると、好天に恵まれた8日は400人以上の見物人が敷地内に入り、城と一緒に写真を撮ったりしたという。見物人が途絶えることがないため、外出は奥さんと交代で行い、どちらかが留守番するようにしている。井村さんは「見てもらうのはいいが、黙って敷地内に入る人や城に触れる人もいて困っている。今後はロープを張ろうかと思っている」と困惑している。【大原隆】
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.04.11(Wed) 13:27] 国内Trackback(1) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← たまには苦しい思いも | TOP | そんなに需要があるんだ!

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://yahoonewsmas.blog90.fc2.com/tb.php/91-275443be

元極楽・山本、密かに復活してた!
 ← たまには苦しい思いも | TOP | そんなに需要があるんだ!

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。